恥らう葉山エレーヌアナ 「ネコみたいな女は好き?」

印刷

   日本テレビの葉山エレーヌアナがネコに関する話題で「恥じらい」を見せた。そのためにアナウンス界の大先輩、現在フリーの山中秀樹・元フジテレビアナウンサーから「何だー」と叱られた。

   情報番組「アナ☆パラ」でネコが話題となり、ゲストのイケメン俳優細川茂樹が「ネコ飼ってる女性が好き。かわいいじゃん、何か」と発言した。葉山アナは「ネコみたいな女性は?」と質問したが、話は続かなかった。そこで山中アナがその日の「アナ☆パラ」担当女性アナ3人に飼っているペットの話をふった。宮﨑宣子アナはイヌ、葉山アナはネコ2匹、夏目三久アナは飼ってない、とそれぞれ自己申告した。

   山中アナは続けて細川に「3人の中では(ネコを飼っていると答えた)エレーヌちゃんということに……」と話をふくらまそうとしたが、葉山アナは大きな声で「さー(次は)」とさえぎった。

   突然の「中断」に、山中アナは「何だー」と叫び、細川はあごを机にぶつけんばかりの勢いで「がくっ」としてみせた。山中も細川も2人とも立ち上がり、首を振りながら葉山アナの話の流れを断ち切る「さえぎり」に不満を示した。

   葉山アナは「恥ずかしくなっちゃって」「葉山はナイという顔をされたので」と弁解した。

   葉山アナ25歳の「さえぎり」行為が「恥じらい」ゆえか、36歳の細川への無関心のせいだったのかは定かではない。

   放送は2008年5月27日にあった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中