赤い液体したたるカバン それ何?

印刷

   各時間帯のトップニュースを飾ったのは、東京は江東区のマンションで23歳の女性会社員が行方不明になっている事件。昨日(5月28日)は、住居侵入で逮捕された容疑者の供述に基づき、マンション付近の下水道の捜索が行われたため、マンホールのフタがたびたび大写しに。

この捜査には大きな問題が……

   また4月18日の事件発生から数日後の深夜、「かばんに『赤い液体』」を入れた容疑者が「不可解行動」を取っていたことが大々的に報じられた。マンション近くのコンビニを訪れた容疑者がゴミ袋を買った際、レジカウンターにカバンを置くと、赤い液体がカウンターに付着したと。

   容疑者は「魚が入ってる」と説明し、「引っ越してきたばかり」「ゴミの日はいつか」などといった会話を店員とかわしたという。

   女性が中にいるはずのマンションから、容疑者は深夜赤い液体したたるカバンを持ち出したり、ビニール袋を運び出したりしていた。「それでも警察は二の足を踏んでたんですかね」と司会のみのもんたが疑問を口にする。

   この日ゲスト出演した元検事の大沢孝征弁護士も不満そうだ。マスコミが容疑者を狙い撮りしてたほど怪しいのに、「この容疑者をノーマークに置いてたとしか思えないようなことが分かってるわけでしょ」。コンビニ店員の聞き込み証言をもとに、なんらかの手段を取ることはできたのではないか。それから1か月もかかっている。「この捜査には相当大きな問題がいくつもあるような気がしてならない」

   いまでは「神隠し」そのものがミステリーの対象になりつつある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中