逃亡犯の服装情報 警察は隠すべきか

印刷

   大坂・枚方市で少年を刺し、京都で女性を刺して12万円を奪って逃走、殺人未遂容疑で指名手配されていた石津淳容疑者(40)が今日(5月30日)未明、埼玉・上尾市内で逮捕された。

情報を流してほしい

   同署員の不審尋問に自転車を捨てて逃げ出したのを捕まえ、石津容疑者とわかった。所持金は数百円、包丁2本をもっていた。

   石津容疑者は5月27日、東京・新宿の花園神社で目撃情報があり、警視庁が180人態勢で捜査にあたり、小学校の登下校にも警戒していた。リポーターの阿部祐二は29日、歌舞伎町でこの事件を取材していたが、15時すぎ、突然捜査員の姿が消えたので、「新しい情報が入ったのか」と思っていたという。

   しかし、逮捕は偶然だったらしい。阿部はしきりに「捜査員」といっていたが、普通の警らのお巡りさんの職質だったようだ。ただ、阿部のいう「金もなく危険な状況にあった」のは確かで、次の犯罪は時間の問題だったようだ。

   当然、警察の対応が問われる場面だ。

   テリー伊藤は、「花園神社から上尾まで、自転車でいったんじゃないか」。

   加藤浩次の「次を物色していたかもしれない」というのに、八代英輝も「可能性は高い」。

   テリーは、「新宿での目撃者の話を公表してほしいですよね。(護送の映像で)グレーのパンツはいてた。その情報を流してほしい」。

   加藤も、「京都の現場に免許証を落としたので、彼だとわかったんでしょう」

   八代は、「今回はもの凄い幸運で捕まってる」。

   テリーのいう通りだ。警察は何でもまずは隠す。市民を守るという視点が薄い。メディアや一般市民を信じられないらしい。どちらも、大いに利用できるものなのに。

   かつて、福岡で一家4人が中国人に殺された事件で、消えていた被害者の「高級乗用車」を見つけるまでに、たしか数日もかかった。もしテレビで、「ベンツの何色、ナンバーはxxx」と流したら、15分で見つかっただろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中