テレビが流す統計 信用できるか

印刷

   週末土曜日(5月31日)のガソリンスタンドは大変だったらしい。都内環状8号線沿いのスタンドは、先月の駆け込み給油以来有名になったところだが、今回も400メートルもの列ができた。

我々は気付かなかった

   1日から自動車の後部座席のシートベルト着用が義務づけられた――というので、「時速10kmでも危険 後部シートベルト未着用」と題する『実験』が行われた。

   むろんテレビ番組の企画として収録、放映されるからは「危険」に違いないので、視聴者的にはリポーターのネクタイの柄や演技力を鑑賞するモードに移行する。

   はたして時速10kmの自動車が急停止すると、後席のリポーターの木内希は、「うあーあ、怖い!」と叫び、前席に手をつく。まるで遊園地のモンスター絶叫マシンに乗ったように。そして「こんなにすごい衝撃だとは思わなかった」と述懐するのだった。

   続いては、スタジオに統計の登場。後席シートベルト着用・未着用で重傷・死亡者の数をくらべると、未着用者が圧倒的に多い――。するとコメンテイターでタレントの松尾貴史が大張り切りで、こう主張した。「現状はシートベルト未着用者が多いのだから、死亡者の数が多いのも当然。この比較では未着用の危険性を証明できない」

   松尾は、たぶん彼に求められているところの「鋭い発言」ができるチャンスを逃さず、執拗に統計の不備を言い続ける。最後は赤江珠緒キャスターが「頭いいな。気付かなかったです、我々」と番組を代表して非を認め、混乱を収束させた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中