2018年 7月 21日 (土)

せんと・まんと……「なんと立派な」奈良新キャラたち

印刷

   奈良県が決めた平城遷都1300年記念のマスコット・キャラクター「せんとくん」にライバルが登場した。名前は「まんとくん」。デザインの作者はクロガネジンザ。市民団体がきのう(6月2日)発表した。

笠井:どうですか?

   「せんとくん」は、坊主頭にシカの角が生えている特異なデザイン。「面白い」「かわいい」というものから「気味が悪い」「宗教を冒涜している」まで、賛否が噴出して話題になった。

   新キャラは、反対する市民団体が公募して、619点の応募から選ばれたもので、朱雀門を帽子にマントを羽織ったシカ。「せんとくん」の『キモかわ』に対して、「まんとくん」はいわば『ゆるキャラ』だ。

   奈良市民の反応は、「かわいい」「明るい感じ」とまずまず。また「せんとくん」にきびしい宗教界も、「これなら、多くの人に愛される」。

   さて、2つのシンボルが並んで、これからどうなるのか。

   遷都記念事業協会は、「『せんとくん』は万(まんとくん)より以上の価値がある」「『せんとくん』が先頭を行き、『まんとくん』がいる」と、わけがわからない。「機会があれば競演させてもいいですよ」と余裕すらみせたとか。

   笠井信輔に「どうですか?」と聞かれた山崎バニラは、「どっちでもいい」。

   佐々木恭子は、「ネーミングが好きですね。千と万とでコンビみたい」。

   竹田圭吾は「キャラにしようという発想が間違い」。

   「いま、ゆるキャラが流行ってるから」と笠井。

   竹田は「平城京を学ばせようというんだから、奈良の大仏でいい」と言い張る。

   小倉智昭が「ボクは『せんと』派だから」。

   「そうですね、小倉さんは『せんと』派でしたね。『まんと』派はいますか?」(笠井)

   前田忠明が「よくみると『せんとくん』かわいいですよ」。

   笠井が「じゃあボクが『まんと』派になりましょう。これで、平城遷都1300年の告知は進んだのは間違いない」

   そう、奈良県は十分元を取った?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中