電波利用料でみかん狩り 官庁の常識「税金狩り」

印刷

   「情けないナという気がするんです」とみのもんたが、「朝日新聞」の1面を指し示しながら、説明し始める。「省庁の娯楽費 使途制限」の記事である。

情けないナ

   続けて「いろんな特別会計があるわけです。われわれ国民の知らないところで各省の出先でどんどん使われている。たとえば、われわれがお世話になっている総務省はテレビ局と密接な関係ありますから、あえて名前をいいますが、その総務省が電波利用料を集めて、なんでみかん狩りに行ったり、めんたいこを作るのか。そういう感覚が、話し合わなければわからないの? いまのお役人は」と怒る。

   与良正男・毎日新聞論説委員が苦笑しながら、「電波利用料はもちろん調査研究に使わなければいけない」。

   三屋裕子バレーボール協会理事「モラルの欠如。みかん狩りをやっちゃいけないとは言わないけど、自分たちのお金で行くでしょう、ふつう」

   みの「お金を貯めて出し合って……」

   与良「そのほうがよほど楽しい」

   スタジオがいかに怒り、世間がどれだけ騒いでも、役人のムダ遣いはなくならないだろう。なにせ彼らはそれを編み出す達人だから。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中