船場吉兆 廃業を惜しむ

印刷

   各局ニュースでやっていた船場吉兆の廃業。

   昨2007年の牛肉偽装でもめた上に今回の使い回しの発覚で廃業となった。「貧すれば鈍す」じゃないけど利益、利益と使い回しに走ったセコサはやっぱりけしからんと思う。モラルに欠けていた。

   企業幹部たちの接待に使われることが多かったというが、女将は女将業に集中し、社長へは就任しなかった方が良かったのではないか。

   船場吉兆へは昔、3回ほど行ったことがある。ものすごくうまくて立派な料理が出されたと思った。

   一連のことはけしからんけど、廃業と聞くと寂しさも覚える。1つの文化がなくなるのは残念至極だ。ほかの吉兆も船場吉兆のせいで名前が汚され、いくらうちは違う、といってもなかなかつらい所もあるだろうが、踏ん張ってほしい。

   いずれにせよ船場吉兆がなくなり、大きな文化が1つ消えたのは寂しい。

      我が家では 使い回しは 当たり前

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中