なぜあの事件と同じ日? 「イヤな感じ」秋葉原事件

印刷

   東京・秋葉原で起きた惨劇の映像が幾度となく流される。静岡県裾野市で暮らしていた派遣社員の男(25)による無差別通り魔殺傷事件――首都圏在住の老若男女7人が亡くなり、10人が重軽傷を負った。

防ぎようがない

   凶器は2トントラックとサバイバルナイフ。容疑者は、「世の中が嫌になった…人を殺すために秋葉原に来た」と捜査員に供述しているという。そして、またしても、「誰でもよかった」である。

   おぞましい事件だけにコメントも判で押したように型どおり。

   みのもんた「世の中嫌になった…勝手にしろ。なんで罪咎のない人を巻き込むんだ」

   末吉竹二郎(国際金融アナリスト)「(被害者の方々は)日曜日、週末を楽しんでいたのでしょう、気の毒です」

   杉尾秀哉(TBS解説委員)「すごいスピードで突っきって行った。防ぎようがない」

   みの「逃げろと言うよりない。でも後ろから襲われたんじゃ…」

   末吉「こういう犯罪が生まれてこないようにしないといけない。社会が生んだ犯罪でしょう。もちろん犯人がいちばん、責任をとるべきですけど」

   杉尾は、7年前の池田小学校事件と同じ日に起きたことを指摘して、「イヤな感じ」と言った。おそらく、たまたまだろうけど…殺傷のやり方などからすると、あながち無関係とも言えないような気もする。

    みの「またいつか起きないことを祈るしかない」

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中