「派遣規制は間違ってる」 秋葉原事件との関係は?

印刷

   <テレビウォッチ>ワイドショーを『独占』した秋葉原事件とその犯人像も次第にネタの焼き直しが増え、終わりが見えてきたようだ。

小泉改革のなかで間違っていた……

   新たな事実としては、ナイフを購入したミリタリーショップで、ナイフを抜き差しするようにも見えた犯人の動作は「雪かき」だったらしいことがわかった。関係者の証言によると、店員との世間話の流れのなかで、青森出身だと話した犯人。「雪が多いですよね」と応じた店員に、「雪かきが大変だ」的に答えるとともに、件の身振りに及んだそうである。

   スパモニ討論会では、昨日(6月11日)、町村官房長官が犯行に関連して「派遣」(が規制緩和で多くなった現状)を問題視したのを受けて、ふたたび、いや3度「派遣」問題が俎上に。すると白石真澄・関西大学教授が待ち構えていたように反論の狼煙をあげた。

   「いまや働く人の30数%がこうした非正規雇用で、それを規制強化すると企業活動は成り立たないと思う」「こういう(非正規の)人たちの犯罪確率が高いという科学的根拠もなく、派遣そのものが悪いとして規制する方向は間違ってる」

   これに対して、小木逸平アナが「鳥越さんは、派遣について違う意見かと……」と采配をふる。昨日、「派遣」主因説を主張した鳥越俊太郎のコメントはやはり同じ道をたどり、「小泉改革」に行き着く。「小泉改革のなかで間違っていたことは手直しするべき」と訴えるのだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中