その結末予想は裏切られる 「余命半年」意外な感動(最高の人生の見つけ方)

印刷
(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

   <最高の人生の見つけ方>病室で初めて顔を合わせた老人同士が、余命半年だと宣告されて2人仲良く人生最後の旅に出る。

   長い間家族のために必死で働いて自分を犠牲にしてきた自動車修理工のカーター(モーガン・フリーマン)。それとは正反対に思いのまま自由に生きてきた金持ちの実業家エドワード(ジャック・ニコルソン)。それぞれのキャラクターが2人の俳優そのままにマッチしている。そのせいか、老人2人による夢物語に現実味が増す。とくにエドワードの役柄は、ジャック・ニコルソン以外に違和感なく演じられる俳優はいないだろう。

   前半はそんな真逆な人生を歩んできた2人の飄々とした旅がテンポ良く描かれる。死が間近に迫っているとはとても思えないが、ここはそんなことは忘れてジジイ同志の2人旅を楽しむのが賢明だ。

   その旅の中で徐々に本音が語られていく。家族第一で真面目に生きてきたカーターは、死ぬ前に1度人生を見つめ返してみるため破天荒な行動に出たこと。そして独り身でいる方が楽だ、と主張し続けていたエドワードに、実は疎遠状態になっている娘がいたこと。こうして話の材料が揃ったことで、物語の結末が見えてきそうではある。しかし観客が予想する感動ストーリーで終わりというわけではない。

   物語の所々に伏線が張られている。これはラストに向かっていくにつれ、思いも寄らない感動的な形で集約されるのだが、それは見てのお楽しみだ。

   またセリフや会話のやり取りも絶妙で、最後まで全く飽きさせない。例えばエドワードは、カーターと同じ病室に入院してきた日に「ここは死体置き場か?」というブラックなジョークを言う。反対にカーターがつぶやく「星は神の最高傑作だ」の一言は、詩の一節のようで思わず聞き惚れてしまう。これもモーガン・フリーマンが演じているからこその重みがある。

   上質なコメディドラマを作り上げてきたハリウッドならではの力量を示した、ともいえる作品だ。

ジャナ専 巴 麻衣

オススメ度:☆☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中