2018年 7月 21日 (土)

64歳福祉活動家が放火、3人死亡 「ピンとこない」その動機

印刷

   <テレビウォッチ>神奈川・綾瀬市の知的障害者施設へ放火し入所者を殺害したとして、この施設の女性家主(64)が殺人容疑などで逮捕された。

よく分からない

   6月2日未明に起きた事件で、放火の結果入所者の男女3人が死亡した。番組中「今朝の顔」で報じられたところでは、「施設の関係者にいじめられた」「入所者が洗濯機を貸してくれない」「世話人としての給料を減らされた……フロにタダで入っていると陰口を言われた」ので、「こんな思いをするくらいなら火をつけて施設をなくそうと思った」と、容疑者は供述しているらしい。

   これが「動機」なのだろうが、施設所有者がこんな「いじめ」を受け、放火・殺人をするのかと首をかしげたくなる。みのもんたも、「よく分からない……大家さんでしょう」と言った。自分のアパートを施設として貸し、カンボジアへの支援活動に参加するなど、熱心な福祉活動家だったともいう。

   道あゆみ弁護士は、「(福祉活動家だったことと犯行経緯の)2つの側面がつながらない。追い詰められる立場でない。どちらかというと強い立場なのに、放火・殺人というきわめて重大な罪を犯してしまう……ピンとこない」とコメント。

   容疑者は2年前まで施設の世話人をつとめて寝泊まりしていたが、事件当日は、後を継いだ世話人の息子が休暇で不在だったため代わりに管理人室にいて犯行に及んだようだ。

   どうにも不可解な事件でまだ見えていない背景があるのではないか。「警察が動機の解明を急いでいる」(ナレーション)とのこと。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中