「億単位」もうける人 脱税との関係

印刷

   <テレビウォッチ>東京国税局査察部、通称「マルサ」が、昨2007年度に摘発した脱税事件の手口のいくつかを発表した。映画「マルサの女」ですっかり有名になった虚々実々のいたちごっこ、まだまだ続いているようだ。

   昨年度の摘発は218件、脱税総額は353億円(国税庁まとめ)。

 その手口はーー 

   ◇ 洋服ダンスの芳香剤の中から貸金庫のカギ。出てきた現金や通帳の総額は1億2000万円

   ◇ 鉄道模型の機関車の後部にカギ。トランクルームから1億2300万円

   ◇ リビングの電話台の下から、金の延べ棒3000万円相当……などなど。

   プロはどうやって見破るかというと、

   「目線がどの辺りに動いているか、ちょっとしたたわいないやりとりの中から、一瞬対応が変わった時をとらえて隠し場所を割る」(査察部課長)のだそうだ。

   小倉智昭は、「昔は畳の下に現金が隠してあったりだった(笑い)けど、いまはカギなんですね」

   竹田圭吾が例によって、「でも、これ見つかったものだけ出してるわけでしょ。これで全部かどうかは……」

   「また、意地の悪いことをいう」と笠井信輔。(笑い)

   経済が悪い中でも、摘発額は増えているのだそうだ。

   笠井は「なぜかというとFXなんです。先物取引というんですか。大変な損をしている人がいる一方で、億単位でもうかっている人たちが、隠しに入っているんだそうです」「みなさん株などどうですか、もうかってますか?」

   一瞬あって、小倉が「黙っちゃった。みんな黙っちゃった」(笑い)

   金のある人だけがもうかるのは、いつの時代でも変わらない。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中