東国原知事「元妻」が大反対 「げんこつ条例」

印刷

   <テレビウォッチ>「愛のムチなら殴っても罰しない。げんこつ条例と言うものができないか」。今朝(6月20日)の『スッキリ!!』は、前日に引き続き東国原知事の発言を取り上げた。

先生のさじ加減で……

   まず街に出て収録した街の人の声を。中年やら若者41人に聞いた結果、愛のムチ賛成派が27人(30歳代以上は15人、20歳代以下は12人)、反対派は11人(30歳代以上は2人、20歳代以下は9人)、どちらでもいいが3人だった。

   賛成派が多かったのだが、さてスタジオでは……

   司会の加藤浩次が前日同様「ボクは東さんのいう意見は分りますよ」。さかもと未明も「条例化、賛成です」と。

   これに対し弁護士の八代英輝は「条例化するのはいかがなものかと思う。日本で殴っていいという法律はないですから。教育の現場でそれを作るのは……。言葉で説明できないから手が出るのでしょ」。

   さて、テリー伊藤。前日「(東国原知事の)気持ちは理解できる。殴ると『あんたクビになるんだよ』と平気で先生にいうガキもいるんですよ」と発言していたので賛成派と思っていたのだが……。

   「ボクは大反対。愛情があればいいというが、自分の指導力不足で殴る先生って絶対に出てきますよ。言葉で説明できないから手が出る。先生のさじ加減で、条例が正義になっていく」

   東国原知事の元妻で、女優のかとうかず子は「条例は反対。親とか先生、子供は信頼関係あってのこと。条例にしなければ成り立たないなんて嫌ですよ」。

   テリーはこうも言いた。「日本人は批判の天才だが、褒めることができない」。確かに否定できない国民性かも。

   政治の世界にしろ、ビジネスの世界にしろ、国際舞台の交渉事でよく聞かれるのは、日本人の交渉ベタ、議論ベタ。

   言葉で説得し、理解させる土壌ができにくいのも、「言うことを聞かないならげんこつで」という昔からの風潮が、ある面じゃまをしていると言えなくはない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中