テリーが何とかキング… 2度と見たくない

印刷

   <テレビウォッチ>NHKの「テレ遊びパフォー」。素人のパフォーマンスを紹介する番組のようで、見た回はお笑いのピン芸人まつり、みたいな感じだった。

   テリー伊藤が「パフォー・キング」とかなんとかでデン、といるんだけど、何のためにいるのか分からなかった。特に何かをする訳でもない。ほかに大沢あかねやペナルティが出てた。

   4組の出演者に構成作家が稽古をつけ、集団コントをやらせていた。ネタ出しからその経過を見せた。何とも中途半端というか、何をやりたいのかさっぱり分からなかった。どこが面白いんだ? あまりにも屋上屋を架す代物だった。

   視聴者に何を見せたいのか方向性が見えない。狙いや意図があるなら視聴者にきちんと伝わるようにしないと、つくり手の自己満足に終わってしまう。本当にきちんとやれば、それなりに番組として成立したとは思うけど、これじゃあねえ。

   2度と見たくない。

      屋上に 屋を架してる 愚かしさ

   *<編集部注>*
J-CASTテレビウォッチで連載中の「横澤彪のチャンネルGメン69+1」が本になりました。「テレビの貧格」(東洋経済新報社、1400円=税別)です。連載に寄せられたコメントも一部引用しています。2008年6月13日から好評発売中です。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中