2018年 7月 19日 (木)

TV録画の「新兵器」 テレビ界変えるか

印刷

   「3年前からお話したかった」と小倉智昭がいうのは、テレビの地上波全チャンネル(8チャンネルまで)を10日間録りっぱなしできるという新兵器のこと。

視聴率のとり方も…

   小倉は常々、「あの番組観た」「あれも観た」というのを、「そんなに観られるはずないだろう」といわれていたらしいのだが、実は3年前からこの新兵器をモニターを兼ねて使っていた。それがとうとう発売になったというのだ。

   インターネット・ハードディスクレコーダー「SPIDER PRO」という機械で、これまでは広告代理店など特殊用途に60万円くらいしたのだが、この6月20日に30万円(1.3テラバイトHD)と38万円(同2.5)の一般モデルが出た。いまのところ、地デジ未対応(アナログ)で関東地区のみだというが、小倉曰く「VHSやベータ以来の大発明という人もいる」んだそうだ。

   番組表から追うこともタレント名での検索もできるし、CMを企業名、商品名、カテゴリーで検索できる。「エンタメ」「映画」「最新CM」などのほか、利用者が書き込んだ話題、たとえば「連敗続きの馬」とかを追うこともできるという。小さなリモコンひとつで、望みの番組とCMを呼び出せるというのだから、テレビ人間には便利に違いない。

   大きさはビデオの倍くらいで、検索と呼び出しはネットでやるのだが、映像はハードディスクが取り込んでいるので、著作権上も問題ないのだそうだ。小倉は「業界はいま、話題騒然」という。

   佐々木恭子は、「テレビ局も欲しいですけど、そうすると視聴率のとり方も変わってくるかもしれない」

   上杉隆は、「むちゃくちゃ買いですね。テレビ取材のとき番組みそこなうと苦労するんですよね」「テレビ局は出してくれないでしょう」と小倉。「著作権の問題があるので。まあ、なんとかするんですが。これなら一発ですね」

   ところが、ピーコは「きっとわたしダメだと思う」(笑い)。「プロの人たちには魅力的だと思うんですけど、リモコンでだめかもしれない」(大笑い)

   「リモコン・アレルギー」と佐々木。

   笠井信輔は、「あのね、ナマ放送はナマで観てください」と水を差す。

   小倉は「そりゃそうです。でも、きのうみたいに、あっちでもこっちでもスポーツの凄いのをやってるとね」

   とうとうテレビも「動かぬ証拠」を残すわけか。これが、ネットとつながるのだから、まあどうなることやら。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中