「知ってたら食えない」肉混ぜた 偽装で新証言

印刷

   <テレビウォッチ>飛騨牛の偽装疑惑はまだまだ続く。岐阜・養老町の精肉業者「丸明」。今度は、元工場長の証言だ。吉田明一社長(65)が「工場長が1人でやっていた」といっていた、その人。この内容がひどい。

自分を信ずるしかないね

   「スーパーから返品された肉でも、社長が見て、また店におろしていた」

   「色が変わって、臭いがするものでも、捨てたことは一度もない」

   「賞味期限切れでも悪くなった部分を削って、ミンチやコロッケにしてしまえば分からない。知ってたら食えないけどね」

   食の偽装はなんでもそうだが、食わされた方はたまったもんじゃない。当の社長は、岐阜県の立入調査に、疑惑の一部を認めたといわれるが、きのう(6月24日)からは顔を隠したりして逃げ回っている。

   小倉智昭は、「飛騨牛と飛騨和牛と、どっちがいいんだかまぎらわしい。和牛の方が良さそうに見える」と笑う。「工場長は、捨てたことがないと言ってる。そんなもの店に出すなよ」

   高木美保は、「買う側もブランド名に依存してはいけないとか、賞味期限などの表示を疑いながら買ってるのが悲しい現実。そこにつけ込むような売り方にはものすごく腹が立つ。厳罰にしてもらいたいですよね」

   デーブ・スペクターは、「アメリカはここまでブランドにはこだわらない。値段でわかるから。それより、売り上げ100億円を、真面目にやって半分の50億円でもやっていけたはず」

   ここで、レポートの平野早苗は、取材で入手した仕入れ伝票やリストから、例の「個体識別番号」を手がかりに等級のインチキに迫ろうとしたらしいのだが、小倉が「格付けと等級とあるんでしょ?」とまぜっかえして、平野は立ち往生。佐々木恭子が、「等級の中にA、B、Cとあるんです」と助け船をだしたが、「もの凄く細かいんだ。Aの1よりもBの5はどうなんだ?」と笑い出して、見事話がそれてしまった。

   「混ぜられたらますます分からない」と平野。

   小倉は、「食べてみて、おいしいかどうか、自分を信ずるしかないね」

   高木は、「消費者から見てわかるような表示にしてほしい」

   「個体識別はあくまでBSE対策で、いい牛かどうかじゃないから」と小倉。

   平野は「2等級の肉が好きだっていう人もいるわけだから‥‥」

   「わたしは固くてガシガシしてる方が好き」と、多分高木の声。画面は吉田社長の映像だ。

   「そう、肉らしいやつね」と小倉。「この社長、逃げ回るからね。きちっと説 明すればいいのに」

   しかし、臭ってる肉を食わせちゃったら、だれも許してはくれまい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中