2018年 5月 22日 (火)

「美容室情報」で分析 大阪切りつけ容疑者

印刷

   <テレビウォッチ>JR大阪駅で女性3人が切りつけられた通り魔事件で、逮捕された38歳女の『仰天素顔』と『衝撃半生』をスパモニ探偵団が調べ上げたという。

深いモノじゃなくて……

   聞いてみれば、そう珍しい話でもない。おもな情報源は容疑者が通っていた美容院。それによれば、かつて地方都市に内縁の男性と暮らしていて、現在小学生の男の子をもうけた。DVを受けたことがあり、あるときは仕事をしていて、あるときは探してたり。別居する小学生の子供がいて、ときには美容師が整えた最適な髪型に恐れ多くもクレームをつけることも。

   この事件のコメント担当、ジャーナリストの鳥越俊太郎も、容疑者の衝撃半生にあまり興味が持てなかったようで、喋りもダラダラとだるそうである。

   「ムシャクシャして放火すると気分がスウッとする人がいる。それと似たような形で、(動機は)深いモノじゃなくて、ウサを晴らすという感じかなという……」

   「でも、その後もクレームでトラブルになる。結局、なんのウサも晴らしてない。人に当たるだけの犯行だったわけですね」。鳥越の緩慢な喋りで時間が足りなくなったのか、赤江珠緒キャスターが早口で引き取り、結論を出して、今日の捜査会議は終了した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中