2018年 6月 20日 (水)

松下奈緒に厳しく監査されたい

印刷

   <テレビウォッチ>NHKのドラマ「監査法人」。公認会計士に求められるものはここ最近で厳しくなってきた。以前は、ある意味企業と仲良くやってきたのだろうが、粉飾決算事件などの影響を受けて厳しく、厳しく、という傾向にあるようだ。

   松下奈緒と塚本高史が若き公認会計士を演じる。2人とも厳しく監査に当たるのを信条としている。ある企業の決算が「うそ」ばっかりで、これを彼らが承認しなかったことで、企業の株が下がって倒産してしまった。ところがこれが、企業をつぶしたがっていた銀行に利用されてしまったことが後で分かる。

   また、別の会社で彼らの上役は会社と仲良くやろうとする。しかし若い2人は現場主義でいい加減なことは認めない。とても緊迫感があって見応えがあるドラマだ。橋爪功や長門裕之などわきも固めている。

   以前、吉本興業の役員をやっていたころ、東京の責任者でもあったので、公認会計士とやりとりしたことがある。と言っても、当時はお昼を一緒に食べるのが大事な仕事、というぐらいだったけど。今だとそういう訳にはいかないだろう。

   監査は厳しく、という流れはまだまだ強まりそうだ。まあ、いいことなんではないでしょうか。

      まじめにやれば つぶれる企業 数しれず

   *<編集部注>*

J-CASTテレビウォッチで連載中の「横澤彪のチャンネルGメン69+1」が、「テレビの貧格」(東洋経済新報社、1400円=税別)として出版されました。出版を記念して、テレビウォッチでは、横澤さんの直筆サイン入り「テレビの貧格」を5人の方にプレゼントします。みなさんに川柳に挑戦して頂き、「優秀賞(Gちゃん賞)」に選ばれた5人の方へ郵送させて頂きます。詳しくは以下の記事に載っています。なおケータイからは、応募欄へのアクセスはできません。PCのご使用をお願い致します。

   *「『川柳で 横澤さんに 挑戦だ』 サイン本プレゼント」(2008年6月24日)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中