2018年 7月 21日 (土)

落書きで監督解任 「世論」にビビり過ぎか

印刷

   フィレンツェの世界遺産大聖堂の落書き者リストにまたまた新たな名前が加わった――私立常磐大高の硬式野球部監督。新婚旅行で同地を訪れた際に、自分の氏名と妻の名をペンで書いたと認めたのだが、その後の動きは急だった。本人が落書きを認めると、昨日(6月29日)付で監督を解任されてしまったのだ。

そうですよね

   佐々木亮太アナによると、常磐大高の野球部は同監督就任以来の数年間で、急速に力をつけてきたという。「そうですよね」と高校野球に詳しい赤江珠緒キャスターが相槌を打っていたので、おそらく間違いないだろう。昨2007年の全国高校野球選手権大会の県予選では決勝に進出したという。

   「新進気鋭の監督だった。それだけにいろいろな部分で残念だという印象はありますよね」(佐々木亮太アナ)

   「落書きは良くないですけど……ここまでの処分というのが……。これから次から次へというのが……また、なんかね」。宮川俊二キャスター(自分の番組はどこに!?)は歯切れは悪いながらも、過熱しそうな落書き犯人捜しブームに違和感を表明した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中