2018年 7月 19日 (木)

「国税、いちばん信頼できる」とみの 職員が「収賄」

印刷

   <テレビウォッチ>みのもんたが、「いちばん我々が信頼していたんじゃないですか……あってはならないことです」と残念そうに話しだした。厚木税務署に勤める東京国税局職員(45)が加重収賄容疑で逮捕された事件である。

あってはならないこと

   不動産業者(38)の相続税が見逃されるように、コンピューターのデータを改ざんしたというもの。3回に渡って1000万円を受け取り、未納分5000万円が支払われたように装っていた。不動産業者も贈賄容疑で逮捕された。

   高木美也子(日本大学教授)「5000万見逃してやるから1000万円キックバックってすごいですよね」

   嶌信彦(白鴎大学教授)「プロですからね」

   高木「どうやってごまかしたらいいか、いちばんよく知っていますから」

   みの「国税にとって大きいんじゃないですか」

   嶌「たぶん、厳しい取り立てはするけど、倫理はおれ達がいちばんと思っているのが国税庁なんですね。縄つきが出るというのはショックでしょう」

   みのは、よほど国税を高く評価しているのか、「いちばん信頼できるところだと、私なんかは信じていますよ」と繰り返した。

   容疑者の職員は懲戒免職処分となった。国税が受けたダメージも小さくないかもしれないが、一生を棒に振った職員の代償も、自業自得とはいえ、あまりにも大きい。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中