裁判官って意外とかわいい…

印刷

   <テレビウォッチ>NHKのBS2で「ザ・ベストテレビ」をを見た。ギャラクシー賞という放送批評懇談会が主催する賞を受けた番組を民放を含めて紹介するという新しい試みだ。

   同賞のテレビ部門大賞だった「裁判長のお弁当」(東海テレビ放送)は、普段カメラが入ることがない裁判官たちの日常に迫っていた。

   紹介された裁判官たちは残業が多く22時ごろまで働いているようで、お弁当を2つ、つまり夜の分まで持ってきていた。これが案外かわいくて、おいなりさんだったりサンドイッチだったりした。

   おかしかったのは、テレビ撮影の情報が奥さんに伝わったのか、日が経つとお弁当が立派になっていたことだ。

   仕事の方は大変そうで、次々と新しい案件が入ってくるし、転勤は多い。おまけに外部の人との接触は思うに任せないようで、ストレスの多そうな環境だった。

   いずれにせよ、あまり知ることができない裁判官たちの姿にカメラで迫った点でお手柄だと言っていいだろう。

      日に2食 かわいい弁当の 裁判官

*<編集部注>*

J-CASTテレビウォッチで連載中の「横澤彪のチャンネルGメン69+1」が、「テレビの貧格」(東洋経済新報社、1400円=税別)として出版されました。出版を記念して、テレビウォッチでは、横澤さんの直筆サイン入り「テレビの貧格」を5人の方にプレゼントします。みなさんに川柳に挑戦して頂き、「優秀賞(Gちゃん賞)」に選ばれた5人の方へ郵送させて頂きます。詳しくは以下の記事に載っています。なおケータイからは、応募欄へのアクセスはできません。PCのご使用をお願い致します。

*「『川柳で 横澤さんに 挑戦だ』 サイン本プレゼント」(2008年6月24日)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中