絶望の女と愚直な男 2人の新鮮な距離感(シークレット・サンシャイン)

印刷
COPYRIGHT(C)2007 CINEMA SERVICE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED
COPYRIGHT(C)2007 CINEMA SERVICE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

   <シークレット・サンシャイン>幼い息子を連れ、ソウルから亡き夫の故郷・密陽に引っ越してきたシネ(チョン・ドヨン)は、世話焼きな冴えない自動車修理工ジョンチャン(ソン・ガンホ)の助けもあり、新しい生活に慣れ始めていた。だがそんな時、彼女は唯一の希望の光であった最愛の息子を誘拐事件によって失ってしまう。

   観客は彼女の境遇に同情し、悲しむだけでなく、そのあぶなっかしい行動に心配し、とても不安にさせられる。一旦は宗教に救いを求め、心の平穏を得たかに思われたのだが……そこには思わぬ落とし穴が待ち受けていた。

   さらに絶望のどん底に叩き落とされた彼女は奇行を繰り返し、ついには自傷行為にまで走ってしまう。そんなシネのそばにいつもいるのが、彼女に恋心を抱くジョンチャンである。彼はシネから敬遠されながらも、愚直に彼女を支え続ける。その2人の距離感が絶妙で、純愛映画が食傷気味の人は新鮮に感じるだろう。

   濃厚な人間ドラマを描く上で長回しが多く用いられており、登場人物たちの刻々と変化する心情を読み取っていける。主演の2人は難局に打ちのめされる難しい役をとても自然に演じ、映画にリアリティを持たせている。舞台となる密陽の牧歌的な雰囲気と相まって、まるで日常の1コマを見ているようだ。

   この母親に起こる悲劇は、見る人によっては観賞後、絶望的な気分になるかもしれない。しかし、シネにかかる密かな陽光を見つけたとき、彼女の生への意欲を感じ取れるはずだ。パンドラの箱のように、この映画の最後にはわずかな希望が残っている。

   オススメ度:☆☆☆☆

ジャナ専 ぷー(JJC漫画研究会部長

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中