「キャスター復帰」山本モナ 「気合い」の第一声

印刷

   フジテレビの新番組「サキヨミ」が2008年7月6日に始まり、山本モナ(32)が1年9か月ぶりにキャスター復帰を果たした。不倫報道の影響でキャスターを降板した後、バラエティ番組で人気を集めていた。

   6日夜の生放送冒頭で、同じくキャスターを務める伊藤利尋アナが「緊張してます」「だってモナちゃんの横にいるんですもの」とおどけて見せたが、モナキャスターは「あ、そうですね。ハイ」と軽くいなし、「非バラエティ」的対応を見せつけた。

   その後笑顔を見せたモナキャスターは、伊藤キャスターから意気込みを聞かれ「どんな番組になるか我々にも分からない」「とにかく気合いを入れてがんばっていこうと」と答えた。

   モナキャスターはサミット開幕直前の洞爺湖周辺の現地取材をしており、番組でその模様が紹介された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中