リポーターと鳥越がバトル! 「顔隠し告発」ダメなのか

印刷

   <テレビウォッチ> ダブルスーツといえば、この番組のリポーター、井口成人の代名詞。しかし、今日はシングルではないか。これはクリープを入れないコーヒーどころでは済まない。コーヒーを買いにいつもの珈琲店に行ったら、その店が閉まっていて、店主は夜逃げしたと知ったぐらいのガッカリ感である。

疑うわけじゃないけど…

   まあそれでも、いつもの武闘派ぶりは健在だった。保育園児の虐待が行われているという宇都宮市の保育園に赴くと、「話をしてくださいよ」とドスを利かせて園関係者に迫り、元職員の告発証言を聞けば、「えー!?」と驚きの大声を上げる。

   そんな井口に「井口さんの取材を疑問視してるワケじゃないんだけど」と言いつつ、喧嘩を売る鳥越俊太郎。「告発する側は顔を出してない」。これじゃ気持ちが通じない。「真実を言うんだったら、顔を出して証言してほしい」。こちらもお馴染み、「実名顔出し主義」である。

   「鳥越さん、それは無理ですよ」。直情径行な井口はムッとした表情を隠さない。「それだったら、組織団体の問題は表に出てこなくなりますよ!」。レベルメーターも振り切れんばかり。

   鳥越も譲らない。「でも、音声も変えてるし、言ってることがどこまで本当なのか、と疑問を持ってしまう」

   ただ、リアリティが欠如する原因は、なにも匿名証言者だけではないだろう。たとえばリポーターの劇画的、コント的な言動とか……。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中