iPhone みのは使いこなせるか

印刷

   <テレビウォッチ>番組冒頭、みのもんたが「大変ですよ、いま、この時間から」と言いながら、東京・渋谷の表参道にいる米田やすみキャスターを呼びだす。

使いこなせる気がします

   人気のiPhone発売の日というので、ソフトバンク表参道店前には長蛇の列、その取材に米田キャスターが出たのだ。「1キロ、1000人近くが並んでいます……いちばん先頭の人は火曜日の朝から並んだということで……すごい熱気です」と米田。

   みのが、「米田君も今日、手に入れてくれるの?」と問いかけると、米田は、「えーと、1000人の後ろなのでわかりませんけど、手に入れられたらと思います」と調子のいい答え。が、発売時刻の7時過ぎ、スタジオの、みのの手にはちゃんとiPhoneが握られ、「本邦初公開」と披露。

   そして、「私のような年代でも使いこなせるような気がします」と話しつつ、「電話の発信も 写真を見るのも 文字入力も 音楽を聴くのも」さわるだけ、全部ワンタッチと、特徴を説明し、操作しようとするが、不慣れなため、ままならない様子。それでも、「使いやすい。重さが心地いい」となかなか離さずにポッケに入れ、竹内香苗アナから、「そのまま持ち帰らないでください」とクギを刺されていた。

   「日本のケータイ市場にビッグウエーブを起こせるるか? 起こせるでしょうね」というのが、みのの御託宣。2万3,040円~の値段設定はともかく、ワンセグ、お財布ケータイがない、という弱点もある。果たして当たるかどうか?

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中