ホームレスのリゾート生活??

印刷

   <テレビウォッチ>まだ観光客でごった返してない湘南海岸に、木内希リポーターが「お宅訪問」にやって来た。対象は有名人の家ではなく、砂浜と国道の間に広がる砂防林にあるという「なぞの集落」。

スローライフですね

   密林に分け入った調査隊は、あちこちにブルーシートや何かの板でできた謎の家を発見。なかには本格的な高床式住居まで。

   取材に応じた住人たちは、野菜を育てたり、魚を釣ったり、ゴルフを楽しんでいる。この土地は神奈川県の所有地だが、あまり気にとめてはないようだ。ここでの暮らしは「最高だ」と、ある男性。しかし、もう1人は「できれば元の生活に戻りたい」

   こうしたホームレスがひそかに100人以上、居住しているという。最近は、都市部の公園などは規制が厳しいので、目立たない場所に移る傾向があるんだとか。

   コメンテイターの山口一臣・週刊朝日編集長によれば、「ロハス、自然志向、スローライフっていう感じですよね」

   「専有面積も広そう」と悔しげに山口は言う。現代人のあこがれ、森の生活。しかし、この秘密の森が、そのうち、隣の海岸のように混雑しないとも限らない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中