米倉涼子のモンスターハンターぶり まだまだネ

印刷

   フジの新ドラマ「モンスターペアレント」。米倉涼子が主演で、モンペアに挑む弁護士役だ。

   学校現場に無理難題をおしつける親たちが社会問題化しており、ドラマとして取り上げる姿勢は素晴らしい。

   しかし、初回を見る限りでは頭でっかちなドラマだ。驚くほど子どもたちの姿が出てこないが、もっと子どもたちの視点も交えないと面白くなっていかないのではないか。報道されているモンペア像に縛られ過ぎているのかもしれない。出演者たちが、もっと地に足がついた表現をしてくれるといいと思う。

   モンペアを演じた木村佳乃はなかなか迫力があって、米倉との掛け合いは結構見られた。今後も木村クラスのモンペアが続くなら、それなりに楽しめるかもしれない。米倉は、ちょっとお疲れ気味かな、という印象を受けた。始まったばかりではあるが、まだ役の「味」は出ていない。

      あまりにも  図式的で ちょっと残念

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中