人との「絆」 うざいのか新鮮か(ぐるりのこと。)

印刷
(C)2008『ぐるりのこと。』プロデューサーズ
(C)2008『ぐるりのこと。』プロデューサーズ

   <ぐるりのこと。>人が誰かとの絆を感じるとき。それは、恋人であったり家族であったり友達であったりとそれぞれ違う。

   翔子(木村多江)とカナオ(リリー・フランキー)の場合は夫婦の絆であり、映画ではふたりの10年間の軌跡が1993年からの日本の時代の移り変わりとともに描かれる。ふたりは学生時代からの付き合いで、くっついたり離れたりしながらもめでたく結婚することになる。しかし、ふたりの間にできた子供はすぐに死んでしまい、翔子はしだいに精神のバランスを崩し始めていく。

   子供を亡くしたことやいつものほほんとしているカナオに対する不安。自分の周りのバランスがごちゃ混ぜになったとき、翔子は泣き崩れながら言う。「どうして私といるの? どうして一緒なの?」。それに対してカナオは「好きだから。好きだから一緒にいるんだよ」と答える。とてもシンプルな答えだが、常にのほほんとして声を荒げることもないカナオだからこその人間の芯の強さがそこに込められていた。

   90年代は、阪神大震災、地下鉄サリン事件、幼女誘拐殺人事件などで日本の社会が大きく揺れ動いていた。そんな時代をカナオは法廷画家としてみつめ、描いていく。

   表面では何も変化していないように見えるカナオでも、心の内では何かが確実に変化している。その何かは、精神を病んだ翔子を想う気持ちであり、人を愛する気持ちが色濃くなったものに他ならない。

   人と人とのつながりが希薄になっている今だからこそ、カナオと翔子のような絆のつながりは強く新鮮に感じることができるのだ。

ジャナ専 銀杏BOY

   オススメ度:☆☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中