凄い湿度 除湿器タンクの水「1日3回捨てる」

印刷

   <テレビウォッチ>気象担当の天達武史が天気図を見せながら、「今年は、あるべきものがないでしょう。わかりますか?」という。そういえば、なんか妙にスッキリしている。そう、梅雨前線がないのだ。

地球環境上の…

   「南の高気圧が飲み込んじゃってる。といって梅雨明けというほどには強くない。北からは寒気が入り込むので、雷雨があったり」と天達が連日の暑さと異常気象のわけを説明した。

   昨2007年、41度という記録をつくった岐阜・多治見と埼玉・熊谷を土曜日、カメラが訪ねて、日本一を売り物にしているもろもろをレポート。体感では多治見の方が上だったようだが、この日いちばん暑かったのは、浜松・天竜区の37.3度だった。

   熱中症にかかった人も多く、熱中症は気温よりも湿度が大きく関係するのだという。東京で、昨年8月17日に36.4度、おとといは31.9度だったが、熱中症の危険度を示す数字は同じだった。湿度がそれぞれ、30%と53%だった。

   東京の最高気温の1位は04年7月20日の39.5度、2位が1994年8月3日の39.1度だが、いずれもラニーニャ現象がなかった。今年もない。天達は、「例年は8月が暑いが、今年は7月から暑くなり、9月も暑い」

   小倉智昭が、「湿度が凄い。除湿器のタンクを日に3回捨ててる」という。「地球環境上の問題あるよね」

   ピーコは、「歳とるとわかる。暑さは身体にきびしい。(異常気象は)中国でもインドでもいろいろ起こるだろうし、なにをしなくちいけないかは分かるんじゃないかしら」

   「サミットは洞爺湖なんかでやらないで、熊谷でやるとかね」(笑い)

   天達は、「30年に1度しか起こらないような異常現象が、世界各地で頻発してます。暑いかと思うと隣は寒かったり」

   最後のお天気で天達が「梅雨前線が10日ぶりに戻ってきました」といった。「週末に梅雨明けするかもしれません」

   そのまま猛暑に突入か。やれやれ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中