2018年 7月 17日 (火)

モナの「リポートの仕方」 先輩キャスターが「クレーム」

印刷

   <テレビウォッチ>「(同じ)キャスターとして、いかがでしょうか」と、宮川俊二に話を振る赤江珠緒キャスター。同性で、年が近く、朝日放送で同僚だったという赤江は、山本モナについて口を閉ざしたままだ。

キャスターとして…

   一時期の「作家」大量登用路線は失敗だったのか、今は宮川、木場弘子と、テレビの「キャスター」が増えた、この番組。不思議なことには、この頃彼らが実際にキャスターをつとめる番組はあまり見ない。それでもキャスターはキャスター。その肩書きのもと、他人の番組にコメンテイターとして出演する。

   さて、そんな本物中のホンモノ、真正のキャスターである宮川は「タレントのモナさんはよく知ってるが、キャスターとしてどうなのか」と、サキヨミの初回放送を注目して見ていたそうだ。「ちょっとリポートの仕方とか、うーん」。キャスターのプロが見ると、首を捻るような出来だったらしい。

   さらに、本来ならば、反省会やったり、オンエアを見直したりで、その夜は終わるはず。反省会を行わず、飲んだ上にスキャンダルを起こしたのは「要するにメインキャスターの資格がなかったということかな」と厳しい。

   ここで映像はメインキャスターの顔に切り替わる――と、赤江は無言のまま下を向いた。その動作が、肯定のサインだったのかはわからなかった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中