モナ「代役」女子アナの「気になる点」

印刷

   山本モナ(32)の不倫騒動で注目を集めた形となったフジテレビ系の報道情報番組「サキヨミ」。2008年7月13日には、J―CASTニュースのトピックス記事「山本モナの謝罪文~」(7月14日)が報じたように、山本モナ不在のまま番組は放送された。そして山本モナの「代役」を務めたのは、フジテレビの大島由香里アナ(24)だった。

   大島アナは、終始控え目に番組を進行させていた。番組最終盤で、エッセイストの岸本裕紀子コメンテーターが夏休みをすでに消化済みと話した際に、大島アナが「早いですねー」と合いの手を入れたのが少し目立った程度だ。

   大島アナは、フジテレビサイトのアナウンサープロフィールによると、07年入局。「短所(ここは直したいなど)」の欄には、「無計画な言動」とあった。「前任者」の「無計画な言動」が波紋を呼んだ後だけに、少しだけ気になる点かもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中