子どもの素朴な疑問 「先生、お金払って教師になったの?」

印刷

   <テレビウォッチ>大分県教育界汚職事件で逮捕された県教育委員会の参事(52)が新たな供述をしたと報じられた。

これだけ大きなニュースに…

   県教委の現職幹部から、「特定の受験者の合格を操作するように指示された」というのだ。参事は合格点に満たない複数の受験者の点数を押し上げ、合格ラインに達した者の点数を削ってバランスをとったとされる。

   この結果、2007、08年度で、本来、採用されるべき人材が落とされ、不合格者が教員になる事態が発生した。当然、その間には金品の授受があったろう。

   大分県PTA連合会会長の話では、学校で「先生、お金払っているんじゃないか」と問いかける子どもが出てきているそうだ。「これだけ大きなニュースになってますもんね」(みのもんた)。

   三屋裕子(元バレーボール選手)は、「いちばん恐れていたことだ。子どもが先生に疑いを持つと教室内に不信感が蔓延する。教育は信頼に基づいて成り立つものなのに……怖い」と嘆く。

   与良正男(毎日新聞論説委員)は、「現職幹部は相当上の人といわれているが、構造的にそのポストの人がずっとやってきたんじゃないか。当たり前だという感じでやっているようで深刻。ウミを出さないとダメ……一大分県だけの問題とは思えず、文部科学省の出足が鈍い」と言う。

   県PTA連合会は、県教委に、「教育現場の早期の正常化と事件の真相解明」を申し入れたが、「泥沼の底が見えてこない」(ナレーション)状況で、両方とも容易であるまい。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中