2018年 7月 21日 (土)

駐車違反でズル横行 お手上げなのか

印刷

   <テレビウォッチ>「知りませんでしたよ」とアーチェリーの五輪メダリストで、番組コメンテイターの山本博センセイ。「道交法の改正で、(駐車違反の)違反点数が加算されなくなった」なんて、毎日車を運転するセンセイも今日はじめて知ってビックリだ。

   大阪の駐車違反159回無視男が逮捕され、運転マナーの低下を嘆く番組だが、一昨年(2006年)の道交法改正以後、駐車違反に関して、あるモラル低下が広範に目立つようになったとのこと。

   改正前は、駐車違反はあくまで「運転者」の問題。クルマの「所有者」と運転者が別で、運転者が逃げると、所有者の責任は問われなかった。実際、取りはぐれも多かったという。

   それじゃあマズいと、運転者が出てこない場合は、所有者に駐車違反と同等の違反金を課すことになった。その場合は、あくまでも所有者だから免許の違反点数は関係ない。

   となると、本当は所有者が運転していても、運転手として申告せずに、所有者として違反金を払った方が免許の点数的にはトクになる。実際、専門家によれば、改正後、「ドライバー」の出頭が激減しているそうだ。

   「点数が加算されなくなった」というのは正確ではないが、法の抜け穴を知ってしまったセンセイはこれからどうするのか、気になるところだ。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中