他人の「もの」欲しがる人 無責任だぞ!

印刷

   <テレビウォッチ>きょうはイヌの話題。小倉智昭はイヌが好きらしい。

運命ですよね

   愛知県で43歳の男がイヌを盗んだというので捕まった。3年前にイヌを盗もうとして捕まって、出所後2日目にその同じイヌを盗んだのだと。「刑務所で3年間思い焦がれていたらしい」。

   イヌを盗もうとしたくらいでなんで3年も? というと、10年間に20頭を盗んでいたための「常習累犯」。で、かんじんのイヌは、男が銭湯に入ってるあいだに行方不明とか。なんともひどい話だ。

   佐々木恭子が「自分で飼えばいいじゃないですか」と、まったくだ。

   もうひとつ、「古い話だけど」と、小倉の親戚で飼っていた猟犬のセッターがある朝犬舎から消えていた。訓練を受けた良い猟犬だったので、探したが見つからない。そして10年後によぼよぼになって戻されていたという話。

   「エー、戻ってきたの」と佐々木。

   「いや、使い捨てでしょ。さんざん猟犬として使って、いらなくなったから返した。ひどい話でしょ。なんでそんなことまでしてイヌを飼うのか」

   ここで、朝日新聞の記事をひいて、全国で近隣から苦情が出ている「犬猫屋敷」が2055件もあったという。劣悪な条件下で100匹以上飼っているのが30件、広島には540頭というのがあった。倒産したペット業者とか捨て犬を拾ってくる個人とか。苦情は鳴き声と悪臭、病気の懸念。

   「そんな風に飼われてもイヌ、ネコも被害者になる」と佐々木。

   眞鍋かをりが、「先週、ペットショップで買う直前までいったけど、1人暮らしできちんとケアできないのであきらめた」

   小倉が、「またいってごらんなさい。飼っちゃうかも」

   「運命ですよね」と眞鍋。

   小倉はまた、「うちの庭にネコが入ってきて、それが子を産んで大変。子ネコなんかかわいいんだけど、庭にはイヌをはなしてあるので、親ネコとにらみあって危ないので、イヌを家へいれちゃったりして、どっちが主だかわからない」と苦笑い。「だれかがエサをやってるんでしょうが」

   それがもうひとつの無責任。「かわいそう」が新たに「かわいそう」を生み出す。

 
文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中