出世は「買うもの」 大分県教委の「常識」を解剖

印刷

   連日、報じられている大分県教員汚職事件。進行中のスキャンダルをどう料理するか関心を持って見たが、特に前半が見応えのある出来になっていた。

   事件の中心と目される人物は3人。このうちの2人、矢野哲郎元教諭と江藤勝由元参事の供述内容を軸に番組は構成される。おととし(2006年)6月、教員採用試験受験者の中に矢野元教諭の長女の名を見つけた江藤元参事からかかった1本の電話が生々しい。

   江藤 なんでオレに言ってくれなかったんだ?

   矢野 仲が良すぎて頼むのが忍びなかった。

   江藤 オレがなんとかしてやるよ。

獲物のイノシシふるまう

   江藤元参事は大分県教育委員会の義務教育課人事班で教員採用の合否を決める権限をもっていた。3か月後、長女は合格。「点数が大幅にかさ上げされたと見られています」(ナレーション)。1か月後、矢野元教諭は江藤元参事に100万円分の商品券を贈る。「本当に強い絆ができたと思った……県教委幹部につけ届けとして商品券を渡すのは当たり前だった。自分が悪いことをしているとは感じなかった」と供述しているという。

   生まれ育った佐伯市の小、中学校で、わけ隔てなく生徒に接し、クラブ活動にも積極的に取り組み、楽しい先生と慕われていた矢野元教諭は1996年、県教委の出先機関である中津教育事務所の指導主事となる。これが今回の事件につながる転機だった。やがて、自宅で県教委の有力幹部をもてなし始める。趣味の狩りで獲った猪の肉を利用したという。

   県教委幹部との太いパイプをつくった矢野元教諭は自宅で「勉強会」を開き、メンバーに「確実に昇進させてくれる人がいる。段取りしてやろうか」と持ちかけるようになる。参加者の3人が橋渡しを依頼、その後、それぞれ、校長と教頭への昇進に成功する。ここでも110万円分の商品券が動いた。「みんなやっているから、こうでもしなければ3人の昇進は難しいと思った」と、矢野元教諭は関係者に話しているそうだ。

「汚れ役をやって偉くなる」

   江藤元参事の不正内容も具体的だ――採用試験結果の集計作業は県教委の会議室で本来、職員2人で行うことになっている。が、おととしは独りこもりきりで深夜まで作業、パソコンで一覧表をつくる際に、特定の受験者の点数を水増ししたり、減らしたりの改ざんをしたという。「不正に合格させた受験者は、41人のうち、半数以上にあたる20数人にのぼるとみられています」(ナレーション)。

   昨年、江藤元参事は昇進し、改ざんを指示する立場に立つ。「汚れ役をやって偉くなる……やっとオレも審議監ポストへの登竜門にきた」と当時の心境を述べたそうだ。幹部たちも汚れ役を果たし、将来を約束されて出世の階段をのぼって行った。ナレーションは「閉ざされた世界の中で腐敗の構図が出来上がって行ったのです」と伝える。

   スタジオゲストに事件の状況説明と対策を聞いた後半部分がゆるく感じられたのは、前半が核心をついて充実していただけに残念だ。捨てる勇気が必要なときもある。

アレマ

   *NHKクローズアップ現代(2008年7月17日)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中