2018年 7月 22日 (日)

京都に巨大生物あらわる

印刷

   <テレビウォッチ> 「京都の中心を流れる鴨川に、ある巨大生物が増殖してるというんです」と赤江珠緒キャスター。川の名物である鮎を食い荒らして大迷惑なのだという。

鴨川に…

   その正体は国の特別天然記念物、両生類最大のオオサンショウオ。しかも中国種との雑種が増えていて、天然記念物に指定されている純粋な日本種は減っているそうだ。

   このリポートの間、VTRでさんざん目にした愛らしいオオサンショウオだが、最後には、鴨川からのナマ中継で、川の中にカメラを入れて実物を探すという趣向が用意されていた。

   しばらくの間、砂混じりの水中をカメラがさまよったが、目当てのものは影も形もなかった。しかし、もし見つかった場合には、視聴者的にあれこれ思い煩う――捜索開始前から目星をつけていたのを、さも今見つけたように演出してるのか、あるいはetc――ことになるので、今回はありがたかった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中