2018年 7月 20日 (金)

「あいまいな竹島」で大丈夫?

印刷

   <今週のワイドショー通信簿(下)>文部科学省は2008年7月14日、竹島に初めて言及した新学習指導要領解説書を公表した。竹島は、韓国では独島と呼び、領有権を巡り日韓の主張が対立している。

   「『竹島』の玉虫色記載 『日本がだらしない』」(朝ズバ、2008年7月15日)と「竹島巡る微妙な表現 だから混乱『はっきり言えば?』」(とくダネ、7月15日)が紹介した。

   朝ズバ通信簿では、韓国側への配慮から「我が国固有の領土」との表現が避けられたことなどに対し、みのもんたが「こういう、あいまいな方針しか出せない日本がだらしない」と発言したことなどを伝えた。

テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中