モー娘ジュンジュンと草なぎクンの波長は…(『ぷっ』すま)

印刷

   テレ朝火曜の深夜帯といえば「『ぷっ』すま」である。同番組は今年で11年目を迎えるが、相も変わらず草なぎとユースケはいい感じにグダグダしている。

   今回の企画は物件をまわり賞金を獲得する「物件拝見トレジャーバトル」。お馴染みなぎスケの2人と、ゲストにはモーニング娘。の4人を迎えて行われた。

   ゲストの中でも特に目立っていたのは中国出身で毎日バナナを1本食べているというジュンジュンだ。何の躊躇(ちゅうちょ)もなく手当たり次第に宝箱を開け、さらには、宝探しよりも食べ物探しに集中するなど何ともいえず番組の雰囲気にマッチしている。

   ただでさえテキトーな草なぎと超天然のジュンジュンが組むと大変なことに。企画はそのまま「今日ホントに仕事なの?」と言いたくなるくらい自由に進み、怪しげな日本語を2人でブツブツつぶやく。最後はユースケが「ダメだ」の一言でバッサリ。型にはまっているということかもしれないが安心して見ていられる。

   他の3人のゲストはジュンジュンに食われてしまい、あまり目立てなかった。これからのモー娘。を背負っていくのはジュンジュンなのかもしれない。

   同局系の深夜帯で高視聴率を獲得し、ゴールデンに移動した番組といえば「くりぃむナントカ」をはじめ「銭金」「愛のエプロン」などがあるが、移行後は苦戦している(していた)番組も少なくない。今のところ「『ぷっ』すま」のゴールデン進出の話は聞かないが、このままのスタイルを保ち続けてほしいものだ。

   テレ朝社員のみなさん、深夜番組の取り扱いにはご注意を。

とろろ

『ぷっ』すま
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中