小倉「こんなの社会のせいじゃない」 八王子2人死傷

印刷

   <テレビウォッチ>京王八王子駅前のショッピングセンターで昨夜(7月22日)、女性2人が刺され、1人が死亡した。書店でアルバイト中の中央大学の学生(22)だった。刺した男は20分後、JR八王子駅前で警官の職務質問に、「わたしがやった」といって逮捕された。

どう対処したらいいのか

   菅野昭一容疑者(33)。「仕事がうまくいかず、親に相談したがのってくれなかった」といっているという。またしても「だれでもよかった」。どこをどうとっても理屈の通る話ではない。

   「こんなことがあっていいのか」と小倉智昭が怒る。「仕事に行き詰まったら、まず自分で解決するのが当然。なんで人に刃をむけるのか」

   高木美保は、「何でも人のせい、親のせいみたいな、自立できていない依存心の強いタイプ。どうしてこんな人間がふえてきたのか」

   デーブ・スペクターは「いろんな事件みていても、生活の責任放棄。やらなければならないことから逃げている。その結果、罪もない人が死ぬなんて許せない」

   佐々木恭子は、「秋葉原の時もそうだが、定職についていない人の問題がある」

   高木は「格差社会だからそうなのか、すぐ切れるようだからやっていけないのか」

   小倉は、「こんなの社会のせいじゃない。だって、戦後の苦しい時期にみんなが人を殺したか、って。おかしいよ」

   番組はまた、先月大阪駅であった通り魔事件を検証していた。電車で腕をはさまれたから、他の女性の腕を切りつけた――8日前には、別に女性の背中に針を刺す事件が起きていた。

   「腕をはさまれたから腕をねらう。首なら首か。朝から同じようなことをいってる」と小倉。

   高木は、「女性ばかり。自分より弱い者をねらうふてぶてしさ」

   デーブは、「八王子の事件もそうだが、いぜんはもっと市民連帯感があった。いつからこうなったのか」

   小倉は、「こわいからと、壁にへばりついていたら、危ない人になっちゃう。どう対処したらいいのか」

   同じ日、群馬県の上毛電鉄西桐生駅前では15歳が15歳をなぐって死なせた。小倉は、「昔から若者の喧嘩はあったが、限度をわきまえていたものだけどね」という。

   親にも先生にもなぐられたことがない子どもたちは、なぐられた痛みがわからない。だから死ぬまでなぐってしまう。新左翼の内ゲバが最初だった。あれから40年、ずっと続いている。根は同じではないのか。

   やっぱり社会の問題なのだ。といって、どうすることもできないのもまた、確か。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中