レスリング判定基準変更 「日本いじめ」にこう挑む

印刷

   北京五輪を前に、日本女子レスリングの現状を伝えた。4階級4人の代表はアテネと同じ。アテネでは4人がメダル、世界選手権では3人が金だった。武器はスピードのあるタックルだが、これがいま、狙われているという。

   きっかけは、今年(2008年)1月の世界選手権の準決勝で、119連勝を続けていた吉田沙保里選手(55キロ級)が、ほとんど無名の米のバンデュセン選手に破れたことだった。

返しワザも評価

   吉田選手のタックルは、「消えるタックル」といわれるほど鋭い突っ込みで、無敵を誇っていた。それが、決まったはずのタックルが、返しワザで2度もポイントをとられたのだった。最初の時は、はじめ審判は吉田選手にポイントを与えた。が、審判委員長から疑義が出て、ビデオで確認の結果、相手の返しワザにポイントがいった。2度目も同じだった。

   これは2つの意味を持つ。ひとつは、吉田選手のタックルの弱点をつく返しワザが研究されていたこと。タックルで浮いた腰に手を回して後方へ投げるのだ。これが2度決まっていた。もうひとつが、国際的な判定基準が、返しワザも評価するように変わったことだった。

   この世界選手権、アメリカは団体2位だったが、コーチは日本人の八田忠朗。日本レスリングの育ての親、八田一朗の次男で、レスリング指導で在米40年。昨年11月コーチになってまず、ビデオを駆使して日本選手を徹底的に分析した。その結果、吉田選手のタックルのくせを発見、守りの姿勢からの返しワザを十分に練習していたのだった。

欧米が面白くないのは…

   八田コーチは、「弱点を突けば、勝機はある。攻めるだけがレスリングじゃない」という。「日本もアメリカも金4つをねらっている。だれかが負ける」

   ゲストは、ロスとソウルの90キロ級の銀メダリスト、太田章・早稲田大学准教授。国谷裕子は「判定の基準が日本に不利な、守備的な攻撃でポイントが入るとなると、レスリングが変わるのではないか」ときいた。

   太田准教授は、「タックルに入ることはリスキーだが、日本選手はそれをやる。みんな攻撃しなくなるようなら、ルールが悪いことになる」という。しかし、日本にきびしい風潮については、「欧米がつくった競技で、日本がメダルを獲っているのが面白くないのはわかる気がしますが……」という。

   日本チームはいま合宿の最中だが、日本チームは、攻めのスタイルを貫く方針だ。吉田選手も、「片足タックル」とか「横から攻める」など、これまでとは違う工夫を重ねている。「アテネのようにはいかないので、失点を少なく、自分のタックルを出したい」

   太田准教授は、「試合の主導権を握るのが重要。自然体でいけば、必ず勝てる。抑え気味がいい。私もけがで抑えたのが銀メダルになった」と笑った。

   チャンピオンは常に進化し続けないといけない。だからスポーツは美しく輝く。

ヤンヤン

NHKクローズアップ現代(2008年7月23日放送)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中