五輪万歳的中国偽M鼠 「荒業で出ましたね」

印刷

   <テレビウォッチ>競技以外でさまざまな話題を提供している北京五輪。「あとちょっとで始まるというので、荒業で出ましたね」(加藤浩次)と、新たに出現した北京五輪を盛り上げる『偽キャラ』を取り上げた。

いずれにしろ…

   北京市の金融街、マラソンコースのすぐ近くに今月(7月)20日、砲丸投げや重量挙げをする姿の人形5体が突如、出現した。いずれも、ディズニー・キャラクターのミッキーマウスによく似ている。

   で、このキャラに詳しい子供たちに意見を……。

   「うーん フッフッフッ」という女の子もいれば、「耳に穴があいているし、口の位置も違うし……服の色も全然違う」と明確に否定する女の子も。

   設置した北京市の役所に聞くと、「コピーではありません。耳に穴があいているじゃありませんか。あれは中国伝統のネズミをイメージして作ったものです。ネズミは幸せと金運上昇のシンボルなのです」と。今年は十二支の子(ネズミ)の年ということもあるらしい。

   ところが、設置して5日目の昨日(24日)、役所によって急きょ撤去された。その理由は「ミッキーマウスに似ているので、誤解を招くおそれがあるから」とか。

   さて、あれはミッキーマウスのコピーだったのかどうか。テリー伊藤に言わせるとミッキーマウスではないという。

   「あれはスーパーマンのネズミ版、マイティーマウスですよ。アメリカ人が見たら全員がマイティーマウスというでしょう。1950年ごろアニメで人気があった」

   これに加藤が「いずれにしろパクったんだ」。

   「パクリの中国」の汚名をいまだに返上できない中国に、「国際弁護士」の八代英輝が一言。

   「オリジナルのキャラクターをイメージさせ、全体として似ている。著作権の侵害になるでしょう。ただ、(著作権侵害で)国際的な批判を受けて動きが速くなりましたね。これが五輪終了後も続けられるかどうか。文化的に成熟できるかどうかのカギになるでしょう」。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中