中国美女軍団300人が五輪を盛り上げる いいことか?

印刷

   <テレビウォッチ>五輪が間近に迫った北京に、謎の美女軍団が大集結。じつは各地から選りすぐりの五輪コンパニオン300人超が合宿を行っているのだそうで、ダンスや立居振舞、マナーを身につけるために1日12時間の特訓中だという。

   「これ、もうちょっとVTR見ていたかったかな」。糸のような目をした佐々木亮太アナが目尻を下げる。この流れに乗って、コメンテイターの村田晃嗣・同志社大学教授も鼻の下を伸ばしたコメントをするかと思いきや、案外に批判的なのだった。

   「女性がメダルをあげる、美女をそろえるってのは、中国やオリンピックのモノの考え方はまだまだ男性中心じゃないかな、という気がします」

   中国やオリンピックに限らなくても、たとえば日本のスパモニという番組で、メイン司会の2人を見比べるだけでも、男女についての古いモノの考え方が浮き彫りになってきそうなものだ。

   ただ、毎日スパモニを見ていると――男性中心でも女性中心でも構わないので――男子アナもルックス重視で選んでほしいという思いが切実なところではある。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中