6億円「横領母」の息子 説明した金の使い道

印刷

   <テレビウォッチ>徳島県阿南市の土地改良区の預金6億円を勝手におろしていた大川ひとみ容疑者(60)が業務上横領で逮捕された事件。『スッキリ!!』は、事件のカギを握る大川容疑者の息子(32)に電話で連絡が取れた。

当然バックに誰かいる

   大川容疑者が逮捕前の取材に、「おカネはすべて息子に巻き上げられた」と話していた所在不明の息子。番組では先週(7月)23、24の両日、電話で接触ができた。その息子が話した内容を要約すると……

   ●(6億円のうち)1億8000万円は段ボール箱に入れ車に置いておいたが、車上荒しにあい盗まれた。車の鍵はかけてなかった。

   ●4億2000万円は、借金の返済や東京、沖縄のクラブで、1本800万円のシャンペンを飲むなど豪遊、1年足らずで使い切った。

   ●『高級外車の事故で借金ができた』というのは全くの作り話だ。

   ●母親が横領していたことは知らなかった。

   電話で連絡はとれたものの、息子は居場所を明かさなかったという。最後に息子らしい男が目撃されたのは24日の徳山港で。和歌山行きのフェリーに乗ったところを目撃されているが、その後の行方は分かっていない。

   さて、この息子の話は信ぴょう性があるのか??

   司会の加藤浩次は「ちょっと信ぴょう性に欠けるような気がしますけど……」。1本800万円のシャンペンを客がいれれば、クラブの同業者の間でたちまち話題になるが、そんな話はないという。

   しかも、逮捕前に大川容疑者は「以前に第3者の男から、『早く返済してあげないと息子さんは追い込まれるよ』との電話連絡があったと話していた。

   テリー伊藤は「1人でやれるわけないし、当然バックに誰かいる。ヤクザに消される可能性がありますよ」。

   さらにコラムニストの勝谷誠彦は「お母さんは息子の背後にどういう人間がいるのか、お母さん(大川容疑者)は知っていますネ。早く息子を逮捕してくれというのは、身柄をとって塀の中で安全を確保してくれという意味だろう」と。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中