アヤパンにとって「最低の男」とは

印刷

   フジテレビのアヤパンこと高島彩アナ(29)が、明石家さんま(53)に「最低の男性ですね」と声をかけた。

   2008年7月27日夜の「FNS27時間テレビ」の一幕だ。中継で登場した広島の「歌う占い師」の女性がさんまについて、女好きだが欠点を見つけると急に冷めて薄情になる、と歌いながら指摘した。歌が終わった後、さんまが「相手の欠点が気になってしまう」と女性占い師の指摘を概ね認めると、アヤパンは「最低の男性ですね」と横から口をはさんだ。

   笑いらしい笑いは起こらず、さんまのリアクションもない。司会のお笑い、今田耕司(42)は空気を察したのか「いやあ、高島さん」と止めに入ったが、アヤパンは「それで薄情になっちゃうんですもんね」と追い討ちをかけた。今田は「(そう)言ってましたけど。もう1度呼んでみましょう」と広島の出演者たちに声をかけ、話題を変えることに成功した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中