秘仏ドロボーに仏罰くだるか

印刷

   <テレビウォッチ>各紙の新聞朝刊をもとに各地の話題を追う『スッキリ!!TIMES』。今朝(7月29日)は、毎日新聞に報じられた罰当たりな秘仏ドロボーをテリー伊藤がいささかオーバーに紹介した。

何の価値も…

   この秘仏は、静岡県島田市の曹洞宗・法蔵寺観音堂に安置されている木造の千手観音立像(高さ101センチ)。室町時代後期の作とされ、60年に一回開帳。来年(2009年)がその開帳の年という。

   番組には、住職が電話出演。テリーが「ジュ~ショク~、大変な出来事が起きてしまいましたネ~」と。

   住職の話によると、婦人部の人たちが7月7日に観音様の前でご供養した時には異変はなかった。しかし、26日に別のおばあちゃんたちがご供養に来た時に、鍵が破られているのがわかったという。

   しかも、このドロボーは盗む時に秘仏の頭部を何処かにぶつけたらしく、破片が落ちていた。その上、身代りに、スプレーで金色に塗った木造の観音像を置いていったという。

   テリーの「置いていった観音像は、何の価値もないものなんでしょうか~?」に、住職は「それはわかりませんね」。

   評論家の宮崎哲弥も罰当たりなドロボーに腹を立て、「返さないと仏罰が当たるぞ~」と吠えた。

   最近は「村のハズレのお地蔵さん」も盗まれる罰当たりなケースが相次いでいる。

   ちなみに昔の日本人が信じていた仏罰は、地獄の中でも最も酷な地獄。仏の財物を盗むと飢渇に身を焼き、自らの肉を食う。するとそこから肉が生じてまた食う、これを何億年と続けるのだという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中