TBS青木裕子アナ「辞意」 その理由は…

印刷

   TBSの青木裕子アナ(25)が同局を退社する可能性が出てきた。2008年8月1日付けで、複数のスポーツ紙が伝えた。

   日刊スポーツは、「今週初めに会社に退職の意思を伝えている」「早ければ秋にもフリーの身となる見込み」と報じた。親しい友人に青木アナが「疲れたので休みたい」と話したことなどを紹介し、「辞意」の背景にバラエティなどの仕事を巡る悩みがある、と示唆した。

   サンケイスポーツによると、「直属の上司に辞意を表明」「現在、局をあげて慰留に努めているという」。「結論は出ていない」とも指摘している。

   「辞意」の理由について、「来週発売の週刊誌にプライベートな問題を報じられることが原因とみられる」と書いたのは、スポーツ報知だ。「(7月)31日までにアナウンス室へ辞表を提出。正式に受理されていないが、一両日中にも退社の運びとなる」としている。

   TBS広報部は8月1日朝、青木アナの「辞意表明」について、「全く聞いていない」とJ―CASTテレビウォッチの取材に回答した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中