「青木裕子アナ辞意」理由知りたい? 不敵な笑いの週刊誌編集長

印刷

   <テレビウォッチ>番組が伝える日刊スポーツ記事によると、TBSの人気アナ青木裕子が今秋にも退社するそうだ。記事によれば、青木は「やりたい仕事ができなかった。疲れたので休みたい」と親しい友人に漏らすなど、仕事上のことで悩んでいたという。

プライベートなことで…

   しかし、スパモニ芸能リポーターのみといせい子は、最近(約半年前)のTBS公式サイトのインタビュー内容を引いて、「(退社の理由が)ちょっと分からないんですよね」と首をかしげた。そこでは、青木は「レコード大賞」のような看板番組を担当して、TBSを代表するアナウンサーになりたいと将来の抱負を語っているのだった。ベテランリポーターにも今回の件は唐突に感じられたようだ。

   そんななか、コメンテイターの山口一臣・週刊朝日編集長が一人不敵な笑みを浮かべつつ、「仕事の悩みももちろんあったんですが、また新たなプライベートなことで……」と思わせぶりに言いだして、スタジオの期待を集める。

   しかし、山口にとってスパモニは"中吊り"にすぎなかった。「詳しくは、来週の週刊朝日をはじめとする週刊誌をお読みください」

   「それだけですか!?」。(どこかの番組で)キャスターの木場弘子がとげとげしく、重大なミスを犯した人間の謝罪の言葉がまるで足りないといった調子で責め立てたが、「まあいろいろあるんですけど……プライベート」と山口の口は最後まで固かった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中