2018年 5月 23日 (水)

3人乗り自転車の「寿命」は…

印刷

   <テレビウォッチ>「おはようございます!」。自転車に乗って、ふらふらゆらゆらよろよろとカメラの前に現れた佐々木亮太アナ。もちろん、これはただの自転車ではない。お上公認の3人乗り(うち子供2人)である。

高いですねー

   黙認状態だった自転車3人乗りを、やっぱり危険だからと警察がテッテー的に取り締まる方針を打ち出したところ、下々の反対に遭い、強度、安定性などの基準を満たしたモノは許可することになった。

   その基準を満たした3台が今朝のスタジオにお目見え。車輪の数を増やすなど、どれも独自の工夫がされている。ただし見るからに厳つく、重そうだ。必要な期間はせいぜい数年間で、それが終われば普通の自転車よりも使いづらい無用の長物となる。

   しかも販売価格は約7万円程度。「高いですねー」と赤江珠緒キャスターもすかさず声を上げる。もっとも、この価格は事前に喧伝され、ワイドショーでも何度か聞いたことではあった。「レンタルしてほしいですね」とは赤江の要望。

   なお、佐々木が冒頭で乗っていた自転車は見たところ、大変乗りにくそうだったが、本人談によれば「乗りやすかった」とのことである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中