2018年 7月 19日 (木)

「少年犯す」30代女性が続々

印刷

   <テレビウォッチ>30代の女性たちが10代の少年にハマって、わいせつ行為を強要する事件が続発しているのだという。番組が紹介したのは、准看護師資格を持つ34才の女と17才の少年のケース。

逆だったらロリコン

   高知県で准看護師の資格を得た女は病院勤めを始めるが、長続きせず、病院を転々とする。阿部祐二レポーターの質問に母親は、「あまり友だちをつくらないほうで、職場での人間関係がうまく行かなかったようだ」と答える。女は4年余、高知で暮らすが、やがて7才下の交際相手が住む名古屋市に引っ越す。アパートでは、「夫婦みたいな感じ」(近所の人の話)で生活していたが、ぎくしゃくした間柄に。

   そうしたときに、少年とは4年前にネットで知り合った。当初から好意を持ち、「交際を求めつづける」(阿部レポーター)。看護学校時代の親友にも「気になる子がいる」と話している。

   「彼女はかわいいし、34には見えない。ガンバってみいや、と言っておいた」(少年の親友)。3年間、少年に交際を断られた女はとんでもない行動に出る。自分の裸体画像をメールで送りつけ、「交際してくれなかったら、画像を見たことを学校で言いふらす」と脅迫したのだ。昨(2007)年、女はホテル街に呼び出した少年と不適切な関係を持つ。が、少年が警察に相談、女は愛知県青少年保護育成条例違反で逮捕される。

   香山リカは「人間関係もうまく行かないし、キャリアも積めていない。30代になって自信を失い、焦りもあったのではないか。少年とメールをやりとりするうちに、この子なら自分の純真な部分をわかってくれるのではないかという妄想を膨らませたのではないか」と言い、「遊びとかからかいではなく本気だったのでは」と続けた。

   テリー伊藤は、「男女が逆だったらロリコンだけど、それとは逆の例が増えている」と話し、宮崎哲弥も、「年下好きの女の人が増えている」と語る。

   教え子と関係を結ぶ女性教師もいたし、それほど珍しいことだとは思えないが……。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中