小倉智昭を絶叫させた音楽ユニット「キマグレン」

印刷

   <テレビウォッチ>異色の音楽ユニット「キマグレン」がブレイク中だそうだ。逗子で海の家兼ライブハウスを経営する2人が、スケジュールの埋まらないある日、仕方なく一夜限りのつもりで自ら出演。すると、好評だったため、活動を続けたところ、デビューアルバムがオリコン1位になるほど人気が出たといった神話的ストーリーが語られるのであった。

火がついてうれしい

   言うまでもないことだが、「キマグレン」のネタは、音楽好きを自認する司会の小倉智昭が、あまりに戯画化された音楽ファンの神話的言動を存分に披露するために用意されたのである。

   まず小倉と言えば「目利き」である。「キマグレンに火が付いて本当にうれしいんですけど。ライブを1回聞いたときに『コレは本物だ』と思ったんですよ」。ブレイクするアーティストはブレイク前から知ってるし、ライブも見てるし、活躍することもお見通しな小倉なのである。

   続きましてはライブの定番、「関係者(席)批判」。先週の土曜日、キマグレンが出たライブがあったそうだ。小倉が行ってみると、「関係者が1/3もいて、座ってて動かないから、腹が立ってさ。ワタシなんて立ち上がって絶叫でしたよ」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中